2018-03-29

〔305号室〕ハナジタクさんインタビュー


久保田ビル305号室にて、フラワーレッスンやフラワーギフト、ブライダルなど、幅広いお花の支度をされている「ハナジタク」さん。アンティークな雰囲気の漂う店内に入ると、元気な笑顔で迎えてくれた吉浦さんと林さん。お店のなりたちやお客さんとのエピソード、レッスンのことなどを代表の林さんに伺いました。

おふたりは以前からお知り合いだったのですか?お店を始めたきっかけも教えてください。
私たちは、渡辺通り沿いのアングレンヌという花屋で、10年くらい一緒に働いていました。でもそのお店を閉めることになり、その時本当にたくさんの方が惜しんでくれて「次もやってくださいね」って言ってくださって。そこで初めて「じゃあ、頑張りましょうか!」となったんです。
ふたりは、アングレンヌで出会ったのですが、たまたま同じ高校の先輩後輩だったんです。
だから、私(吉浦)が代表なんですけど、林さんの方が先輩だから「センパイ」って呼んでるんです(笑)。林さんからは、以前のお店の名残で「店長」って呼ばれています。

店長と先輩って面白いですね!ハナジタクさんの名前の由来はなんですか?
ふたりでお店を始めるときに屋号を考えたんですけど、先輩が「英語の名前は覚えきらーん!」って言うから日本語の名前がいいなって。
それにふたりとも表に出るのが苦手なので、裏方としてお客さんがお花を贈るための支度がしたいなと思ったんです。春支度とか夏支度とか、季節の花を飾りましょうというテーマで、ハナジタクという名前になりました。こっちに移ってから知ってくださった方もいるんですけど、前のお店から10年以上通ってくれている方にも可愛がっていただいて嬉しいですね。

お店にはどんな花を揃えられていますか?
うちは、「大人上品なアンティーク系」というイメージでお花を揃えていて、例えば少しくすみがかっているような落ち着いた雰囲気を好んで選んでいます。花びらが八重だったり、薄くて繊細に波打っているものも多いです。
花市場には、週3回くらい仕入れに行きますので、1週間くらいかけてゆっくりお花が入れ替わっていく感じです。よく「お花ってすぐに枯れるよね」と言われるんですけど、水替えや水切りをすれば、2週間くらいは十分に楽しめますよ。

お客さんは、どのようにお花を注文されますか?
うちの雰囲気が好きな方は、おまかせいただくことが多いです。あとは、Instagramを見て、「こんな感じにしたいです」と言っていただくこともあります。
でも必ず「受け取る方はどんな人ですか?」とイメージを聞きます。性格は明るくて、好きなものはコレ、とか。依頼主の方に言葉もらってイメージをふくらませて作ります。常連さんは、細かく教えてくれる方が多いですね。それで、喜んでくれたかなって気になって、「どうでした?」って後日聞くんです(笑)。LINEとかInstagramに「可愛かったですー!」とメッセージもらえるとすごく嬉しいですね。

お花はどのような基準で選ばれますか?
もともと季節のお花で良いなと思っているものを仕入れているので、それをお客さんのイメージに寄せて、組み合わせていきます。
仕入れの時は、「この子は美人だな」とか「新鮮だな」ってお花の顔を見ながら選びますね。それで、その花を持って帰ると、先輩が「わあ綺麗!」って言ってくれて、「よかった間違ってなかった」と思うんです。

例えば、今日のオーダーだと「アンティーク系のバラを1本だけ欲しい」とおっしゃってくださって、派手な色ではなく薄紫のバラを選びました。すごくお花が大好きな方で、自分用にとのことでした。お仕事もバリバリされていて、おしゃべりが好きで快活だけど、お母さんのように包容力のある方で、「この花は好きそうだな」と思って。そんなふうに、よく来てくださって好みを知っている方は、それに合わせてお花を仕入れることもあります。

ハナジタクさんのフラワーレッスンについて教えてください 

《季節のリース支度》春ならミモザ、夏はアジサイなど、その季節に綺麗なお花で、リースを作ります。かすみ草やユーカリなど、通年あるものも扱います。冬にはクリスマスリースなどが人気です。

《花を束ねる》スイートピーやバラなど、季節の花を束ねてブーケにするレッスンです。1種類で束ねたり、いろんな色を重ねたりしてお花を楽しみます。お花の扱い方もお話するので、お花が好きな人に好評です。

《花を飾る》フラワーベースやキャンドル、額縁などと組み合わせてアレンジしてお花を飾るレッスンです。

《ドライ支度》5回、自分でドライフラワーで作るレッスンです。初回に生花を選んでいただいて、ハナジタクでドライフラワーにしていき、最後は、そのドライになったお花で作品を作ります。その間のレッスンでもリースやスワッグ、額縁に組み合わせたりなど、いろんな作品を作っていただきます。

《週末のお花えらび》毎週金曜日に、その日のお花の中から好きなお花を選ぶレッスンです。当日の正午までに仕入れた花をSNSでお知らせして、15時までに希望をもらえれば、18時からレッスンします、というものです。通常のレッスンより気軽で、参加費もお花代なので、「普通に買うくらいなら教えて欲しい」という方に好評です。お花の選び方がわからないという方も多いので、選ぶことに特化したレッスンという感じです。今日美容室いこうかな、という感じで「今日お花生けようかな」と気軽に来てもらえると嬉しいです。

講師:林 伊都子さんより

レッスンは、真剣にお話するというより、その時のお花を一緒に楽しむような雰囲気でやっています。ここに来た1~2時間は、リラックスしてお花や他の参加者との時間を過ごしてもらえたら嬉しいです。レッスンのスケジュールについては、2ヶ月に1回、HPにカリキュラムを更新していますので、それをご覧いただき、好きな花材の時にお越しください。(http://hanajitaku.com/lesson/      

===

お部屋にお花があると、不思議と嬉しい気持ちになりますよね。ぜひハナジタクさんのInstagramLINEに登録されて、情報をチェックしてみてください。詳しくはHPまで。とにかく明るい人柄のおふたり!終始笑いの絶えないインタビューでした。(山下舞)

ハナジタク
810-0003 福岡市中央区春吉3-23-27 久保田ビル305
tel
092-752-1120  fax092-752-1920
mailinfo@hanajitaku.com
営業時間 10:00~19:00(月・水・木・金)10:00~17:00  (土・日)火曜定休http://hanajitaku.com/home/

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です